交通安全と労災ゼロ誓う 建設業安全大会開く

 建設交通安全並びに労働災害防止大会は6日、建設会館で開かれ参加した建設関係者170人が交通事故と労働災害ゼロを誓った。
 参会した稚内建設協会、稚内市建友会、稚内測量設計協会、建災防稚内分会の会員を前に、富田建友会長は「建設業における事故は減少傾向にあり交通安全の取り組みの効果が現れている。昨年の労働災害での死亡事故はなく、日頃の安全管理の賜であるものの、今年に入り事故は2倍のペースで増えており、改めて気を引き締めてもらいたい」と挨拶。続いて和田稚内開建部長、朝倉宗谷総合振興局長、工藤市長(代理青山副市長)、藤井稚内署長、新田稚内労基署長が来賓挨拶した。
 出席者を代表し、中田組の櫛引修業務安全推進部長が決意宣言をしたあと、車23台が市街地に繰り出し交通安全を啓発した。

コメントを残す