旧瀬戸邸が有料化し夏季開館 五月人形など飾る

 6日有料化した国の登録有形文化財の旧瀬戸邸が夏期開館した。
 平成24年から一般公開し7年目を迎え有料化された旧瀬戸邸にはニシン漁や底曳き網漁関係のものを中心に100点余りの資料が展示されており、メインの1階大広間には瀬戸邸に古くから保管されていた五月人形や兜などを夏季開館に合わせて飾られている。
 2階には稚内でロケが行われ、公開中の映画「北の桜守」に出演している吉永小百合さん、堺雅人さんのサイン入りのポスターなども飾られ、開館と同時に訪れた旭川などからの観光客が邸内を隅々見て回り、漁業で栄えた稚内の歴史に触れていた。
 今週末には春観光で団体客90人余りが訪れることになっており、スタッフの筬島義春さんは「入館料を頂く以上、お客さんが満足できるよう案内しなければいけない」と。
 入館料は高校生以上の一般200円、小中学生100円。夏季は10月末までの午前10時~午後6時まで無休開館。

コメントを残す