交通安全運動スタートし稚内署前で出動式 旗波作戦皮切りに15日まで

 春の全国交通安全運動初日の6日、稚内署で出動式が行われ、参加した関係者は15日までの運動期間中を含めた交通事故防止を誓った。
 稚内署、市、宗谷総合振興局など7団体100人を前に、青山副市長は「運転者と歩行者が気を引き締め交通事故による被害者や加害者を出さないためにも活動の輪を広げていきたい」などと挨拶。来賓の朝倉振興局長に続き、昨年と比べ交通事故発生が増えていることについて触れた藤井稚内署長は「市民一人ひとりが事故に遭わない起こさないことを願い皆さんと協力して取り組みたい」と激励したあと、小窪稚内署交通課長の出発申告に合わせ車両7台がパトロールに出動した。
 引き続き、署前で旗波作戦が展開され、参加者たちは小旗やノボリを持ち、道行くドライバーに交通安全を呼びかけていた。

コメントを残す