時の話題 「告発状届く」

 新年度を迎えた。官公庁などの異動があり慌しいところだが、今回、某会社に務める人から告発状を頂いたので、抜粋し読者の皆さんにご紹介する。
 残業代・休日出勤未払い、暴言など日常的なパワハラなどにより重度のうつ状態になりました。
 助けてください。
 退職したいのですが退職金はもらえそうになく奴隷のように働かされております。長い人生なので奴隷のような暮らしから逃げたいのです。普通の人生を歩ませてください。
 匿名なのだが、その会社と社長さんの名前は明記している。
 うつ状態になるほど悩んだ末の告発状なのだろう。ご同情申し上げる。
 辞めることも出来ずなどと書かれてあったが、辞めるのは自分の意思であり社長に制約されるものでない。辞められない理由も書いてあったが、腑に落ちない所もある。
 あなたが心底から告発したいのなら実名を名乗り警察など公的機関か、小社でも訪れ中味を洗いざらい話したらいかがだろう。
 会社でもどこでも組織というのは利益とか共通の目的を持ち先を目指すのだが、トップと部下との間のズレはしばしばある。しかし「うつ状態になり死にたいほど」というのは尋常でない。
 社長さんは会社のトップとして利益を上げようと必死なのだろうが、あまりの酷使と従業員を人と思わない対偶は憲法18条の「奴隷的拘束及び苦役からの自由」にも抵触する。
 過労死問題で経営者側のモラルが問われる中、従業員あっての会社であること肝に銘じるようしたらいい。

コメントを残す

前の記事

天北堆

次の記事

時の話題 「土地の価格」