大日向海斗君が日本最高峰の大会出場 

 稚内スイミングクラブ所属の東中2年大日向海斗君(14)が、東京で開催される第94回日本選手水泳競技大会(4月2日~8日)とジャパンオープン2018(5月23日~27日)の平泳ぎ100、200㍍の2種目に出場することが決まった。
 両大会は、今年開催されるアジア大会とパンパシフィック大会の日本代表選手の選考を兼ね五輪選手などトップ選手が出場する日本最高峰の大会。大日向君は、昨年12月に三重県で開かれた日本水連のナショナル強化合宿に参加したことで大会に出場する権利を手にした。稚内の選手での出場は初めて。
 30日まで東京で開かれたJOCジュニアオリンピック春季水泳競技大会男子13、14歳平泳ぎ200㍍は予選落ちしたものの、100㍍は7位入賞を果たした大日向君は「日本代表選手に選ばれるように自分の泳ぎをしてベストタイムを出せるように頑張りたい」と意気込み、池田光彦コーチも「五輪選手が出場する日本最高峰の大会であるので自分の力を出し切って頑張ってほしい」とエールを送っている。

コメントを残す