時の話題 「貴の乱終息か」

 大相撲春場所は筆者が「役者不足」と指摘した鶴竜関が一人横綱の責務を果たし賜杯を手にした。役者不足としたのはこの横綱には白鵬、稀勢の里、そして暴力事件で角界から去った日馬富士に比べ華がなく見劣りするからなのだが、頂上を射止めた力士なので力はあり今回の優勝には讃辞を送る。
 暴力事件以降、ぎくしゃくを通り越えた対決が鮮明になっていた日本相撲協会と貴乃花親方との確執は、親方の平年寄への降格という処分で一応結着を見たようである。
 どの組織もそうだが人と人との摩擦や諍いは避けられるものでないが、職務怠慢や故意の報告洩れなどした貴乃花親方の責任は逃れようがなく、今回の処分で暴力行為をした貴公俊が1場所休場という処分だったのは将来ある若い力士だけに親方ばかりかファンも一安心しているのでないのか。
 貴公俊にはケガで幕下下位まで落ちる訳でもないので稽古に精進すれば十両以上の力士に復帰するのは難しいことでもなく、腐らず頑張って欲しい。
 「平成の大横綱」の貴乃花親方は45歳と分別なければならない年なので弟子の育成に心血注ぎ、捲土重来の日を期し親方の役割を果たして欲しい。
 大横綱が立派な指導者になるとは限らず、ましてや協会トップの理事長職が約束されている訳ではない。弟子を強い力士に育て綱を張れるまですることこそ親方冥利であろう。そうすると自然と役は回って来るものだ。
 角界だけの話でなく一般社会にあっても通ずることである。あすから新年度だ。

コメントを残す