更なる交流発展祈念し 稚内地方日台親善協会交流会

 稚内地方日台親善協会は27日夜、ANAクラウンプラザホテル稚内で総会並び友好交流会を開き、稚内と台湾の更なる交流発展を祈念した。
 総会では30年度の事業計画として、現在35法人と5個人が加盟する会員加入の促進、北海道日台親善協会連合会との交流、講演会などを実施していくことなどを決めた。
 総会終了後、友好交流会が開かれ、出席した台北駐日経済文化代表札幌分所の周学佑所長と会員ら30人余りを前に、親善協会会長の吉井稚内観光協会会長は「日本のてっぺん周遊ルート事業で、台湾との繋がりが更に強固になっていくことを期待しています」と挨拶。周所長は「周遊ルート事業で多くの台湾人観光客に道北の多様な美景を楽しんでもらいたい。皆さんの支援に感謝し台湾と稚内の友好交流が拡大することを願っています」と日台交流の更なる発展に期待を示した。

コメントを残す