稚内市街地一気に積雪ゼロへ 28日の気温は3月史上最高の13.1度まで上がる

 南からの暖気が入り込んだ28日、宗谷管内は気温が上昇し、午後0時半までに9地点で3月の最高気温を更新した。稚内市街地(開運)では、午後0時半の気温が13・1度まで上がり、観測を始めた昭和13年以降の3月として最高気温を記録した。
 稚内地方気象台によると、28日正午までに最も気温が高かったのは中頓別で15・7度。浜頓別14・5度、宗谷岬13・4度など5月下旬並みの気温となった。
 稚内市街地(開運)の3月で最も高かったのは平成28年3月30日の12・8度。この暖かさで27日正午までに12㌢あった積雪は28日午前0時に0㌢となり一気に雪融けが進んだ。
 29日以降の気温は平年並みに戻る。

コメントを残す