平和マラソン大会 1日から参加者募集 ポスターなど作りPR

 今年9月2日に稚内で初開催される日本最北端わっかない平和マラソン大会の参加募集が4月1日午前10時から始まる。実行委員会(事務局・市教委)では大会に向けたポスターなどを作りフルマラソン大会をPRしている。
 宗谷岬の最北端の地の碑前をスタートし国道238号、40号などを通り北防波堤ドームをゴールとする42・195㌔のフルマラソンは定員1000人、参加料9000円。実行委員会が開設した大会公式ウェブサイト「RUNNET」から申し込みするか、インターネットで申し込みができない人は専用振替用紙。市外の人でふるさと納税をしエントリーすることもできる。
 大会にはショートコース(2㌔、5㌔、8㌔)もあるが、市内の小中学生がフルマラソンに参加するには学校を通じての申し込みとなる。
 稚内市の市制施行70年、開港70年を記念し開催されるフルマラソン大会には、公務員ランナーで知られる川内優輝さん、北京五輪女子10000㍍日本代表の赤羽有紀子さん、スバル陸上競技部所属の口町亮さんの3選手が出場することになっており、大会前日の1日夜は文化センターで開会式兼交歓会が開かれる。
 走りながら宗谷丘陵利尻富士、風車群など絶景のロケーションを見ながらのコースに実行委員会は「全国からの参加を期待しています」と。
 詳細は事務局☎23-6284。

コメントを残す