春先は黄砂などに注意 対策にはマスク着用など

 春先になると黄砂が飛来することがあり、呼吸器系に疾患がある人は注意と対策が必要だ。
 黄砂は中国大陸から偏西風に乗り、4~5月にかけて日本に飛来する。稚内では昨年5月、平成27年以来2年ぶりに飛来した。
 稚内地方気象台によると、稚内への黄砂の飛来はGW前後に多いそうで、黄砂や微粒子のPM2・5を吸い込むと気管支ぜんそくなど引き起こす恐れがあり、飛来した場合にはマスクの着用など対策が必要になる。

コメントを残す