稚内市人事5月1日に持ち越し 新年度予算成立遅れで

 市は26日午後、4月1日付けの人事異動を発表した。
 新年度予算成立の遅れで人事を固めることができず、主要人事は5月1日付けで発令する。
 今回の人事では昇任が部長1人、主査1人異動2人。ほかに管理職の定年退職に伴う兼務など。新規採用は21人。
 ▽市立病院事務局長(市立病院庶務課長)松谷幸浩▽こども課主査(こども課)太田康子▽総務部長・生活福祉部長兼務 青山滋副市長▽こども課長兼務渡邊祐子教育部長。
 ▽新規採用 田原秀鳳、山岸竜也、須貝龍之介、宮澤淳基、関裕人、築田雅人、小野凌太郎、菅原拓人、米田彩華、田尾悠馬、小川隼希、中川美穂、工藤禎久、東海林睦美、上西伸生、中村愛美、鈴木綾花、高橋萌、山川愛、手島孝志、山口海斗。

「市の退職者20人」
  ▽退職=31日付け 布施茂(総務部長)岡田睦良(生活福祉部長)工藤紳吉(議会事務局長)波間常次郎(市立病院事務局長)田澤恵美子(こども課長)杉本明美(総務防災課主査)吉田昭夫(税務課主査)中川保子(こども課主査)垣添政秀(総務防災課主査)櫻井潔(学校教育課)浅野幸夫(同)米倉昌弘(秘書政策課)飯田夕紀(地方創生課)亀井隆典(総務防災課)堂美咲(こども課)沖野正幸(都市整備課)堀内淳(くらし環境課)南英子(市立病院分院業務課)ショアー・バレリー・テレサ(学校教育課)久保あずさ(こども課)。

コメントを残す