今年初めて5000㌧級のサハプロ船寄港

 22日午前、稚内港に今年初めてサハリンプロジェクトの作業船(4895㌧)が寄港。5000㌧クラスは久しぶりの入港となる。
 市(物流港湾課)によると、サハリンのホルムスク港を出港し22日午前、末広埠頭東岸壁に着岸したサハプロ船「ノーマン」は船内整備をしたあとの4月上旬に稚内港を発つ予定となっている。

コメントを残す