配食サービス始める ふれ愛稚内店が安価に昼食と夕食提供

 今月1日から高齢者向け配食サービスを始めた「配食のふれ愛稚内店」=恵比須1=の遠藤健太郎さん(41)は「毎日、食事が配達されるのを楽しみに思ってもらえるようにしたい」と新規開業の思いを語った。
 家族の在宅介護や昨年3月末まで勤めていたヤクルト北北海道稚内支店で6年間、業務でお年寄りと関わってきた経験から栄養が偏りやすい食事が多い高齢者に栄養バランスが取れた食事を提供したいとの思いから独立を決意したもので、稚内市の新規創業助成制度を活用して配食業を開業させた。
 安心安全な食材を使用しお年寄りが食べやすいようおかずの大きさ、固さ、栄養バランスを考えた普通食、やわらか食、カロリー調整食などお客のニーズに応えた弁当は配達料込みで380円~800円(税別)で揃え、昼食と夕食の配達を行う。
 弁当は手渡しで配達することで一人暮らしするお年寄りの安否確認になり、弁当の注文が無い日でも離れて暮らす家族のため1回250円で自宅訪問して安否確認をする。
 市内で高齢者が多い宝来~富士見などをカバーできるよう北地区を選び店をオープンさせた遠藤店長は「お客さんや介護関係者からは評判も良いです」と話し、今は遠藤店長1人での営業のため遠くまで配達することが出来ないが、いずれはスタッフを増やし声問、宗谷まで配食エリアを拡大していきたいとしている。
 日曜日と正月は休み営業時間は午前8時~午後6時。問い合わせは☎24-1310。注文は前日までにお願いしている。

コメントを残す