学生名人に阿部一羽さん 鶴雨書道教室に通う東中3年生

 鶴雨書道教室(大澤和子代表)に通う東中3年生の阿部一羽さんが、日本書道評論社出版の書の研究で毛筆、かなの部ともに学生名人に輝いた。
 昨年9月に硬筆の学生名人となった阿部さんは今回、中学校最後の機会で3部門全てで最高位の学生名人位合格。同書道教室が開かれてからの20年間で初めての快挙。
 阿部さんは毛筆「故事成語」、かな「からたちの花のほそみち金魚売り」の課題字句を1カ月半で30枚ずつ練習。同じ教室に通う生徒たちよりも30分ほど長く残って出品した成果が現れたことに阿部さんは「素直に嬉しいです。練習も楽しく続けて来て良かったと思っています」と笑顔で話していた。
 4月から札幌の高校に進学するという阿部さんは「先ずは書道部に入部し、色々な大会で賞を取りたい」と今後の目標に意欲を燃やしていた。
 教室を主宰する大澤さんは「3部門で学生名人になれるのはごく数人です。本人の努力の成果が実ったこと、親御さんの協力もあり、ここまで合格できたのは嬉しいことです」と称えていた。

コメントを残す