天北堆

 市政の混乱を招いたとして鈴木副議長不信任案提出されるも否決される。稚内市政始まって以来の新年度予算案否決に続く「否決」パレードだ◆予算案は暫定予算で当面乗り切れるも人の軋轢は簡単に解消されるものでなく、今回の本編(予算否決)番外編(副議長不信任案)は尾を引きそうな雲行きだ◆それにしても予算案審議の過程で足湯がダメなら修正案を出せばいいものを採決まで行ってしまったのは何らかの意図があったのは明らかで、市と議会は緊張感を持たねばならぬということ教わりました。

コメントを残す