ゴルフ場購入など今年度補正予算案可決 2会派5人が反対

 市議会は8日、本会議を開き、今年度補正予算案など15件の議案を可決した。
 カーリング場を中心としたみどり公園整備事業、稚内ゴルフ場の土地・建物購入費を盛り込んだ一般会計補正予算案に関し、中尾利一議員(日本共産党)が反対意見を述べ、みどり公園整備事業(カーリング場など)は市民にとっての必要性を含めしっかりと検討し市民理解を得られるよう最大限の努力をすべきだとし、ゴルフ場購入については活用方法や計画などを示した上で購入すべきとした。
 議長を除く議員15人による採決の結果、日本共産党2人(佐藤、中尾議員)と自民・政友会3人(田森、川崎岡本議員)の5人が反対したが、賛成多数で可決した。

コメントを残す