台湾、米など旅行会社5社が参加したモニターツアー実施

 6日、台湾、アメリカなど海外の旅行会社5社が参加したモニターツアーが行われ、北市場や北防波堤ドームなどを視察した。
 国の北海道広域観光周遊ルート形成促進の「日本のてっぺん。きた北海道ルート。」事業として、冬の体験観光や地域の食をメニューとした札幌~旭川~稚内などをコースにした旅行プラン作成のため台湾、香港、シンガポール、タイ、アメリカにある旅行会社の担当者5人が参加した。
 豊富でスノーシュー体験などし5日夕方、稚内入りした参加者は副港市場、稚内サハリン館などを見学。6日は朝から北市場、北防波堤ドーム、稚内駅、旧瀬戸邸を巡り、北市場で毛ガニ、稚内の名産たこシャブの材料の生きたミズダコなどについて取材した。
 香港などの旅行関係者は「北海道は食べ物が魅力で、雪で遊ぶスノーシュー体験などは向こうの人達に喜ばれるだろう」と話していた。

コメントを残す