15の試練に挑む 公立高入試 稚高では180人が受験

 6日、道内の公立高校で一斉に一般入試の学力検査が行われ、稚高では180人が試験に挑んだ。
 9年ぶりに定員を上回った普通科では出願者通り129人だったが、衛生看護科18人、商業科27人と、出願から1人ずつ計2人が欠席したため3科合わせて174人が受験。試験官から注意事項など説明を受けたあと、午前9時25分から国語を皮切りに数学、社会、理科、英語の順で午後3時半まで試験は行われた。
 7日は午前9時から商業科と衛生看護科で個人面接が行われる。
 定時制は出願通り6人が6日、面接試験を受けた。
 合格発表は16日午前10時。

コメントを残す