稚内地区自衛官志願推進協主催し入隊者6人を激励 

 稚内地区自衛官志願推進協議会(坂野泰雄会長)主催の稚内地区自衛隊入隊予定者激励会が4日、サンホテルで開かれた。
 今春の入隊予定者6人(稚内)を激励するため約90人の関係者が出席。坂野会長は「日本の安心を守るため自衛官を目指すことに大きな期待をしています。一日でも早く一人前に活躍することを願っています」などと挨拶。入隊予定者が紹介されたあと、稚内自衛隊協力会会長の工藤市長が「平和を守ることが皆さんのお仕事。胸を張って誇りを持って前に進んでほしい」などと祝辞を述べたあと、小野寺防衛大臣、高橋知事からの激励ビデオメッセージが披露され、入隊者に記念品が贈られた。
 続いて昼食会が開かれ、陸上自衛隊名寄駐屯地音楽隊の演奏などがあり歓談していた。

コメントを残す