潮見小PTA広報紙が全道広報紙コンクールで審査員特別賞に輝く 

 潮見が丘小PTA(広報委員会)が制作した広報紙「しおさい」が第35回全道PTA広報紙コンクールで審査員特別賞(北海道新聞社賞)に輝いた。
 同校の広報紙の歴史は古く昭和51年から発行され、学校行事の様子など写真付きで紹介。平成25年までは業者に頼み制作していたが、学校で印刷する設備が整い平成26年からは広報委員が取材から編集、発行までを全て行っている。
 今回のコンクールには、全道153校から応募があり、同校は大賞、優秀賞に次ぐ審査員特別賞25校の1校に選ばれた。特別賞の受賞は初めて。
 出品した広報紙は、昨年1学期に開かれた第42回大運動会の特集号として発行されたもので、競技に取り組む児童たちの笑顔や涙する場面を捉えた写真と共に、先生たちによる練習と本番の感想が記事になっているほか、祖父母参観やクラブ活動など全7ページからなる。
 広報委員24人が力を合わせ受賞したことに本間いずみ委員長は「皆んなで楽しく活動でき今回の受賞に繋がったことを嬉しく思います」と喜びを語った。

コメントを残す