氷雪の広場で32人交流 今年初のキモノでジャック

 稚内の観光地などを着物で埋め尽くそうというキモノでジャックin稚内が11日、北防波堤ドーム公園の氷雪の広場会場であり、着物姿の32人が稚内の冬をPRした。
 冬ということで稚内の冬の一大イベントの氷雪の広場を会場に開かれ、ジャック実行委員会が1週間以上かけ製作したジャックのマスコットキャラクターの雪像の前で記念撮影し、SNSでイベントの様子を発信した。
 代表の竹内ひとみさんは「着物の良さと稚内の魅力を私たちなりにイベントを通じて伝えていきたい」と。

コメントを残す

次の記事

天北堆