氷雪の広場1万2800人で賑わう ミス流氷は籔下さん

 10、11の両日、北防波堤ドーム公園で開催された2018わっかない氷雪の広場は、2日間で1万2800人(昨年1万3000人)の親子連れらで賑わい、冬の催しを満喫した。
 10日夜に催された6年ぶりに復活のミス・ミセス流氷コンテストには、10代~50代までの6人が出場。実行委員の審査や来場者の投票で稚高定時制1年生の籔下智英さん(19)が選ばれた。翌11日、籔下さんは会場の受付や運営などを手伝い、ミスとしての仕事をこなしていた。
 11日も会場は多くの家族連れで賑わい、野外ステージでは南中ソーラン連がアンコール含め2回の演舞を披露し観客を魅了。5人1組で競う雪中サッカー大会では、小学生~大人まで15チームが参加し熱戦を繰り広げていた。

コメントを残す