潮見小6年生が卒業控え地域に恩返し ゴミステーション除雪奉仕

 潮見が丘小6年生は7日、校区内にあるゴミステーション30カ所の除雪ボランティア活動をした。
 今年で卒業する6年生83人がお世話になった地域住民に恩返ししようと自ら企画した。
 7日午後、6年生は数人のグループに分かれ、朝日、富岡など4地区に行き、ゴミステーション周辺の除雪作業に小一時間、汗を流した。
 この活動を見ていた町内の人や父母から褒められた6年生たちは「喜んでもらえて嬉しい」と話していた。
 6年生は卒業までに校内で余り使われていない場所の清掃や在校生のお世話活動なども行う。

コメントを残す