ルースキーテーレムがイオン名寄でPR 13日議場でコンサート

 今月15日から副港市場で始まる稚内サハリン館のアンサンブル一行は、本公演を前に10日、名寄のショッピングセンター「イオン名寄」でPR公演する。
 出演6年目を迎えるルースキー・テーレムのメンバー8人(1人通訳)は、ユジノサハリンスク市から8日空路来日する。9日は札幌駅北口で札幌市民や観光客へのプロモーション活動をし、10日はイオン名寄で番組を担当するFMわっぴーの企画で、ショッピングセンターのホールを会場に初めて公演。そのあと車で移動し稚内入りする。
 13日は稚内観光協会市役所などを表敬訪問したあと、午後0時半から市議会議場で市民も来場できるミニコンサートを行い、夕方の総合リハーサルを経て15日からの本番に備える。
 昨冬はわっぴーがイオン名寄での放送でサハリン館を紹介したことがきっかけで、名寄市民が貸切バスで稚内公演を見に来たことがあり、事務局の稚内観光協会は今冬は名寄、旭川などからの来場にも期待している。

コメントを残す