前浜に大量のイワシ 厳しい寒さで息絶えたか

 ノシャップの前浜にイワシが大量に打ち上げられた。5日のことのようで近隣住民は「こんなことは初めて」と驚いている。
 毎年5月~6月にかけ回遊してくる春イワシと見られ、銀色のイワシが延長100㍍に亘って一帯を埋め尽くすという異様な光景が広がっている。
 近隣住民によると、海が荒れた5日午前中にかけてイワシが波打ち際に打ち上げられているのが見付かり、6日朝は数人が袋やバケツを持ってイワシを拾い集めていた。
 前浜で何十年もコンブ漁をしている80代の漁師は「回遊する中、ここ数日の寒波で、海水温が下がり泳げなくなって打ち上がったのではないか。この浜で何十年も漁をしているが、こんなことは初めてだ」と話していた。
 1週間ほど前から青森県の海岸でも同様の現象が起きている。

コメントを残す