悪天候に拘らず疾駆 大沼スノーアタック

 宗谷オートスポーツアクション(丸山衛代表)主催の大沼スノーアタック2018は4日、大沼氷上特設コースで行われた。
 今年で22回目を迎えたスノーアタックレースには、稚内のほか札幌、函館、東京、埼玉など道内外のプロ・アマチュア含め89人が出場。レースはスタッドレスとスパイクタイヤの2部門に分かれたタイムアタック方式で行われ、地吹雪のため当初予定していた1・8㌔は1㌔のコースに短縮されたが、選手たちの時速140~50㌔の速度で雪煙を巻き上げて疾走する運転テクニックに訪れた観客らは度肝を抜かれていた。

コメントを残す