天北堆

 桜色のスーツを身に纏い楚々と現れた吉永小百合さん。120本目の主演作品「北の桜守」の稚内での先行上映会での挨拶に舞台の袖から現れた吉永さんはオーラに満ち溢れ観客からは形容しがたい溜息が洩れていた◆吉永さんは大女優にも拘らずツンとしたところが全くなく、ファンあっての自分であることを重々理解した賢い人なのであろう。短い時間だったが挨拶の中味、エンジェルボイス代表の子供たちへの接し方で強く感じた◆人間的にも素晴らしい吉永さんの記念作品の大ヒット願っております。

コメントを残す