鬼は外、福は内 市内幼保で豆撒きの催し

 節分の3日を前に、市内幼稚園保育園で2日、豆撒きの催しがあり、園児たちが1年間の厄祓いをした。
 港保育所では、園児50人が先生から「立春を前に悪いものを追い払うとの意味で節分の行事があります」などと教わったあと、園児たちの前に青鬼と赤鬼が登場。鬼の恐ろしい顔つきを見て大半の子が大泣きしていたが、勇気を振り絞って「鬼は外、福は内」と豆をぶつけ鬼を退治していた。
 このあと園児たちは手作りの鬼の面を付けて仮装し、年の数より1つ多い豆を食べ無病息災を願った。

コメントを残す