樹氷が道道抜海港線沿い各所に現出 

 暴風雪から一夜明けた27日、道道抜海港線沿いで樹氷が見られ、ドライバーが自然の造形美に魅せられている。
 この1週間、稚内地方は暴風雪警報が何度も出され大荒れの天候が続いた。雪とともに風速20㍍以上の暴風雪が吹き荒れたことで、道道沿いにある住宅の壁には雪が張り付いたまま残り、抜海方面へ向かう木々には様々な形をした樹氷ができ、雪国の厳しい自然の一端を窺うことができる。

コメントを残す