サハリン館ポスター完成 メンバーは10日稚内入り

 2月15日から1カ月間、副港市場で開催される稚内サハリン館のPRポスターが完成し観光施設などに配布している。
 今冬もユジノサハリンスク市を拠点に活動するアンサンブルグループ「ルースキー・テーレム」が出演。通訳含めメンバー8人は、ユジノから空路で2月8日に来日し、道庁と札幌駅で稚内公演をPRしたあと、10日に稚内入りする。
 稚内入り後は市役所、稚内観光協会など表敬訪問し、リハーサルを行い15日からの本番に備える。午後5時と6時からの1日2公演(火曜日休み)だが、昨冬に続き副港市場の石蔵でツアー向けの特別ステージも催す。
 稚内観光協会の中井基嗣次長は「本公演だけでなく、バヤン奏者のリーダー・アンドレイさんの希望で、地元の音楽愛好者とコラボセッションを計画しており、観光客だけでなく市民の皆さんにも楽しめる内容になるので多くの来場を」とPRしている。

コメントを残す

次の記事

天北堆