天北堆

 厳寒期の稚内前浜の風物詩ぎんなん草採り始まる。味噌汁に入れ食べるの絶品だが、この数年、量が少なく高嶺の花で庶民の口にはなかなか◆堆子の子供時代を思い起こすとコンブもぎんなん草も普通に食卓に上がっていたしナマコは捨てていたものだ◆産物、商品の値段は需給の関係で上下するが、海の幸の高騰が際立っており、肉類に片寄らざるを得ないので欧米人のような病が増えている◆それじゃ野菜中心にと思うも最近の高さには驚くばかりでミカンは高過ぎる。農家の高齢化で生産減っているようだ。

コメントを残す