地方の厳しい状況打破を 連合宗谷・稚内の旗開き

 連合宗谷・稚内の旗開きが20日夜、つぼ八南稚内店宴会場で開かれ、出席した関係者ら50人が労働環境の改善に向け一致団結した。
 出席者を前に、宮森貴大会長は「賃金の底上げ、底支えなどを推し進め、地方の厳しい現実を打破していかなければならない。ともに1年間頑張っていきましょう」と挨拶。続いて青山副市長が「市政の課題が山積する中力を合わせ取り組んでいきたい」、中井市議会議長は「勤労者、地域のための労使組織として先頭に立ってもらいたい」と祝辞を述べた。
 このあと、上原宗谷総合振興局産業振興部長の乾杯の音頭で祝宴に入り歓談した。

コメントを残す