人物点描 地域福祉向上に努力 池田昭良稚内民生児童委員連協理事長

 18日の役員改選で稚内民生児童委員連絡協議会の新理事長に就任した池田昭良氏(76)は「地域福祉向上のため努めていきたい」などと抱負を語った。
 恵比須町内会の総務部長を務めていた池田さんは北地区の民生児童委員をしていた前任者から委員を引き継いでほしいとの要請を受け、平成4年に委嘱を受け9期26年に亘って活動に取り組んでいる。19年には北地区会長を歴任し、22年からは筆頭副理事長として石田一由前理事長を支えてきた。
 民生委員として地域住民の立場に立って相談に応じたり必要な援助などを行う社会福祉の増進に努める一方で児童委員も兼ねており、地域の子供たちの支援にも携わることから北地区子育て連絡協議会長(平成16~21年)の経験を活かしたいと話す池田理事長は「稚内市の子育て活動での連携は全道でも高く評価されているので引き続き関係機関との連携を密にし、行政と協力して地域福祉の行き届かない地区をなくしていきたい」と述べていた。
 趣味は囲碁。現在日本棋院稚内支部の副支部長を務めており、休日などに仲間と打つのが楽しみだという。

コメントを残す