声問でけあらしで現出 「大寒」冬はこれからが本番

 一年で最も寒い時期とされる大寒の日の20日朝、声問地区で霧が湯気のように立ち上がる「けあらし」が現れ厳寒期ならではの光景が広がっていた。
 放射冷却現象で未明から氷点下10度以下まで下がった声問地区は午前7時半過ぎ、氷点下16度を記録。沼川では氷点下19・3度まで下がり、この冷気が流れ込んだ海岸沿いや声問川では、けあらしが生じていた。

コメントを残す