ANA夏ダイヤ東京2便運航維持 関西、中部便再開ならず 

 全日空は18日午後、稚内空港発着路線における今夏ダイヤの運航計画を発表した。
 6月1日~9月30日までの東京直行便は2便体制を維持するとし観光シーズンの7月1日~10月27日までと、GWの5月1日~6日までに限り、機材を大型化し運航する。千歳便は現行の2便体制を維持していくとした。
 市(観光交流課)によると、今月11日に来市した全日空関係者から夏ダイヤの説明を受け、平成25年から運航休止となっている関西便と中部線については今季も運航再開にならないとの報告を受け、東京、千歳便については集客状況に応じた機材変更などできるだけ柔軟に対応していくとの説明を受けたという。

コメントを残す