時の話題 「利己主義の除雪」

 今冬はこれまで除雪に関する苦情が本紙にない。寡雪だった昨冬は別にし「市役所の除雪が悪い」「○○さんは自分の家の雪を持って来る」などと電話やハガキなどで文句が届くのだが、今冬は1件もないのは改善の方向にあるのか。
 小社屋横の雪捨てスペースは今冬2度目の満杯となりシルバー人材センターに排雪してもらったが、格段に多い積雪に皆さんどうしているのか。
 幹線道路の国道、道道は昨年暮れの排雪も降り積もった雪で沿道は元の木阿弥状態に。幅員が狭くなり朝の通勤時間帯は渋滞さえ引き起こしている。
 降って積もる雪はどうしようもないが、運転していて気になる事がある。例えば市街地国道一部での雪出しによる幅員狭隘である。そこかしこで見られ民家や事業所からの雪出しにより道幅が極端に狭くなり、車の走行に支障を来たすだけで済まず危険な状況になっている。
 国道を管理する稚内開建に相当前のことだが「雪出ししないよう指導したらいい」と言ったことあるものの、その雪出しは今もって続いている。自分の敷地内が山になっても幹線道に雪出ししてはいけない。事故が起きたら責任取ってくれるのかな。
 交通事故が一番多い交差点角への雪出しもあり、信号機がある所(あっても危険だが)ならまだしも無い所は極端に見通しが悪く危険だ。自分さえ良ければいいというものでない。
 降った雪は溜まるが春になれば融ける。自分のことだけ考えるのを利己主義と言う。止めた方がいい。

コメントを残す

次の記事

天北堆