毛ガニおみくじ作製 北門神社で15日から販売

 北門神社は稚内の特産品毛ガニを模した北海道ご当地おみくじ「いカニもいいみくじ」を作り、社務所で15日から販売する。
 道内の若手神職が中心となって企画したもので、先行して2年前に根室の神社でサンマ函館でイカのおみくじを作ったところ、観光客や地元参拝客らに人気を博し、翌年に帯広でサケ、苫小牧はホッキ、美瑛はトウモロコシのご当地おみくじを作製。稚内は間もなく漁が解禁される毛ガニをデザインにし作った。
 北海道らしく運勢が北海道弁で書かれたり専用の釣り竿で釣り上げて購入する。企画した神職の山本紘輝さん (25)は「稚内で水揚げされる毛ガニの宣伝にもなり、6つの神社を回ることで旅の思い出にもなる。
おみくじを通じて稚内のPRにも繋がれば」と話していた。
 おみくじは1回300円。

コメントを残す