安全と豊漁祈る 岬神社で歳旦祭・船霊祭執り行う

 船霊の日の11日、ノシャップにある岬神社で歳旦祭と船霊祭が執り行われ、漁業者が今年一年の豊漁と安全操業を祈願した。
 安藤善則稚内漁協組合長はじめ、稚内沖や前浜でナマコやタコ、コンブ漁などする漁師11人が参列し、北門神社の山本宮司による神事に続き、一人ひとりが玉串を奉てんし今年の豊漁を祈願した。
 神事を終え安藤組合長は「今年一年、事故なく豊漁であるよう皆さんの活躍を祈念しております」などと挨拶した。
 第1副港の沖底漁船恵山泊漁港など間もなく始まる毛ガニ漁を控えている小型漁船には大漁旗や日の丸が掲げられ、安全操業を祈願していた。

コメントを残す