時の話題 「大揺れの角界」

 元横綱日馬富士の暴行問題で大揺れの相撲協会は小康に向かうどころか揺れが増幅し、暴行を受けた貴ノ岩の師匠の貴乃花親方が協会理事を解任され、これとは別に立行司式守伊之助の泥酔した挙句のセクハラ行為と「膿を出す」(池坊評議員会議長)どころか次々と膿が表沙汰になっており組織としては末期症状の感さえある。
 貴乃花親方の理事降格は巡業部長という立場もあり協会や八角理事長(元横綱保志)に非協力的だとして一見的を得た処分のようだが、世間には賛否両論がある。
 大横綱白鵬と貴乃花親方の確執が囁かれる中、協会にとって金看板の白鵬のかち上げなど横綱らしくない取口に横綱審議委員会から注文が付いたことは情けないものであり、14日から始まる初場所の横審委員の稽古総見の際にも張り手をし、北の富士さんから「不届き者だね」と辛口の批判をされた白鵬には呆れてしまう。
 そして伊之助のセクハラである。
 現役時代は押し一辺倒で横綱まで上り詰めた八角理事長。変な小細工せず「駄目なことは駄目」との強い信念で対処する覚悟が必要であろう。
 鶴竜の調子は戻っているが、稀勢の里は本調子には程遠く、かち上げ、張り手を禁じられた白鵬の精神的動揺もあって初場所は大波乱含みのようだ。
 更にはケガの貴ノ岩の出場があるのか。興味が尽きない。
 田舎芝居のような悶着を早く仕舞いにし、日本の国技らしい厳かな心持で相撲道に徹するよう力士ばかりでなく理事、親方にも強く望みたい。

コメントを残す