「勇往邁進」でスタート JC・シニア合同新年交礼会

 稚内青年会議所とシニアクラブ合同の新年交礼会は8日夜、サンホテルで会員、来賓ら120人が参会し開かれ、澤村慎太郎稚内JC理事長が稚内の発展のために邁進していくことを誓った。
 西隆寛、船山恭孝副理事長による開会セレモニーのあと登壇した澤村理事長は「何事にも恐れず、ためらわずの精神である勇往邁進のスローガンの下、稚内の活性化のために率先して行動し地域の宝である子供たちが夢や希望の持てるマチづくりに邁進していきたい」と新年と理事長就任に当たっての挨拶をした。続いて佐藤寿勝シニアクラブ会長が現役会員の最大の理解者でありたいとし「会員拡大の支援など稚内JCを支えていきたい」と述べた。
 工藤市長、武部衆議、吉田道議の祝辞に続き坂本宗谷総合振興局長の乾杯の音頭で祝宴に入り、新役員・新人紹介などあり、最後に高木良樹直前理事長の一発締めで閉会した。

コメントを残す