飛躍を誓って入刀 稚内剣連が鏡開きと強化練習

 稚内剣道連盟主催の鏡開きと強化練習が6日、体育センターで行われ、剣士の裂ぱくの気合が響き渡った。
 参加した小中学生や関係者31人を前に武藤雅史会長が「大きな目標を立て剣道が好きになるよう一生懸命けい古に励んでほしい」などと挨拶したあと、少年団の小川晄平君(港小5年)、白鳥佳穂さん(声問小5年)ら戌年生まれの4人が、今年一年の飛躍を誓って鏡モチに渾身の力で入刀した。
 引き続き強化練習に入り、剣士たちは裂ぱくの気合で基本練習に汗を流し、お昼はお母さんたちが作った鏡モチ入りのお雑煮に舌鼓を打っていた。

コメントを残す