時の話題 「成人おめでとう」

 成人を迎えた若人よおめでとう。大人への門出に当たって高揚したものを感じていることでしょう。成人式を機にこれからの稚内を背負って立つ気概で頑張ってほしい。
 明日の成人式には札幌など地方で暮らす人も出席するでしょう。皆さん承知の通り稚内は都会に比べ就職先も遊ぶ所も何もないマチだが、あなた達が生まれ育った故郷であり冠婚葬祭などで帰郷することも多かろう。若いうち都会は面白い所だが結婚し子供ができるなど落ち着いてくるにつれ大して魅力も感じなくなる。これは筆者の体験からである。
 人口が減り過疎化が進む中、高齢者ばかり多くなるのではマチとしての機能は喪失して行くばかりで、大学や専門学校など上の学校に行っても将来は故郷に戻り自らの人生に果敢に挑戦してほしい。
 高校卒業し2年経っての成人式。是非、この機会に「稚内に戻りいっちょやってやるか」との気概を持ってもらえばと願っている。
 市長は常日頃「子供たちに未来を」と言いマチ作りに奮闘している。沖底漁は往時の勢いにないが他のホタテなど沿岸漁は盛んで観光だって伸びている。
 公共事業も極端に落ち込んでいないものの専門的職種の人材不足が深刻化しており、1・4倍を超える求人倍率が物語るよう保育や介護なども人手不足の状態で就職先はないわけでない。
 本紙(プレス)も求人している。
 都会にいても家さえ持てない。稚内では10年勤労したなら余程の事がない限り家を購入する準備は可能になるだろう。
 戻っておいでよ。

コメントを残す

前の記事

天北堆