Pocket

 稚内北星大学が学生募集のため制作したTVコマーシャル「現実と夢をつなぐ一歩」が道内放送され、大学の名をPRしている。
 来年1月15日からの一般入試の願書受け付けを前に、専門業者に依頼し制作された15秒間のTVコマーシャルには大学で特任助教を務める中国人のガオ・シュウさんが学生役で出演し大学で講義を受ける様子などの内容。「努力の一歩、情熱の一歩、いつもここは私が主人公」というナレーションが付き、来年1月10日まで道内民放テレビ3社で放送される。
 今月22日から放送され、時間帯は各テレビ局で異なるが、1月10日まで早朝~深夜にかけ各社15回前後を放送される。
 テレビでの学生募集は初めてのこととなり、夏のオープンキャンパス用に続き、第2弾となるコマーシャルを打つことに金森常務理事は「大学の名前を道内の高校生、親に知ってもらうことで稚内北星大学に興味を持ってもらい入学生確保に努めていきたい」としている。
 放送中のコマーシャルはホームページでも見ることができる。