JR抜海道路踏切でラッセル車が脱線

 この暴風雪で26日午前11時半過ぎ、大黒地区のJR抜海道路踏切近くで作業していたJRのラッセル車が脱線した。
 稚内署とJR北海道によると、ラッセル車は踏切から南稚内駅に向かい除雪作業し走行中に脱線した。
 JRによると、復旧の見通しは全く立たない。
 踏切では遮断機が降り車両が走行できないため、稚内署員が交通整理していた。
 特急など全車運休中で脱線による影響はなかった。

コメントを残す