昨日午後から大荒れ 白魔襲来 宗谷岬で36.6㍍の暴風

 猛烈に発達した低気圧が通過した影響で宗谷管内は25日午後から暴風雪に見舞われ、稚内市街地では吹雪で視界が数㍍しかないほど荒れた。稚内地方気象台は、26日も引き続き暴風雪などに警戒するよう呼びかけている。
 25日夕方から天候が急変した管内では、宗谷岬で36・6㍍、声問32・4㍍、稚内市街地(開運)25・8㍍の暴風雪が雪を伴い吹いた。26日午前中も稚内市街地は吹雪に見舞われ、ライトを点灯し走行する車が殆んどだった。
 この大荒れの天候により26日の利礼航路、稚内空港発着の航空機は全便欠航、稚内駅発着のJRも全便運休するなど交通機関が乱れた。
 26日夜にかけて天候は徐々に回復していくものの、冬型の気圧配置が続くため年末までは風雪が強まることが多そうですと気象台職員は話していた。

市体育館の屋根飛散

 25日夜、暴風雪で市体育館のトタン屋根の一部が剥がれ飛散したため稚内消防署員が道路の屋根を回収した。
 市では更なる飛散の恐れがあることから、同日午後7時15分から福祉センター~体育館までの全長80㍍の市道を通行止めしていたが26日に業者が応急処置=写真=を行い、午前11時40分に通行止めが解除された。

水夢館屋根破損し今日から休館

 暴風雪で競技用プールの屋根が破損=写真=した温水プール水夢館は、年末年始の休館と合わせて26日~年明け1月2日まで休館することになった。

コメントを残す

次の記事

天北堆