Pocket

 宗谷総合振興局(水産課)は今年の宗谷管内の漁業生産高を予想値としてまとめた。
 15万554㌧(前年対比7%増)、484億669万円(同1%減)。数量は昨年を上回ったが金額は下回った。
 金額は秋サケの不漁で単価が上がったことなどもあり平成25年から続けて400億円を超え、漁獲、金額とも過去3番目に高い値となった。
 魚種の金額順位。
 ①ホタテ232億4500万円(昨年対比13%減)10万6133㌧②さけ・ます68億3830万円(同40%増)7318㌧③なまこ32億2497万円(同22%増)761㌧④毛ガニ27億8418万円(同9%増)827㌧⑤コンブ22億9384万円(同3%増)1061㌧⑥ホッケ20億2750万円(同17%減)9035㌧⑦タコ16億8330万円(同7%増)3469㌧⑧イカ15億3214万円(同35%増)2620㌧⑨エゾバフンウニ11億983万円(同24%増)60㌧⑩ノナ10億4621万円(同33%減)109㌧⑪その他8億7302万円(変動なし)4522㌧⑫タラ6億3243万円(同37%増)3772㌧⑬スケトウダラ3億1931万円(同20%減)4207㌧⑭カレイ類3億444万円(同2%減)1393㌧⑮オオナゴ2億1568万円(同32%増)4185㌧⑯タラバガニ1億9063万円(同25・2%減)69㌧⑰ホッキ4588万円(同6%減)108㌧⑱ニシン4010万円(同42・7%増)905㌧。