キモノでジャック実行委がブックレット作成 

 着物を着て稚内の魅力を発信しようと活動するキモノでジャックin稚内実行委員会が今年1年間の活動を記録したブックレット=写真=を作成した。
 観光地を着物で埋め尽くそうと今年2月、稚内で初開催した犬ぞり大会会場、サクラをテーマに5月は北門神社、7月はノシャップ岬、富士をテーマに静岡と山梨県とコラボした10月はこうほねの家などで開催。4回10会場で延べ200人以上の市民が着物、浴衣を着て参加した。
 A5判1冊当たり30~50㌻のブックレットは各会場での写真などを掲載しており 「稚内の素晴らしい景色を多くの人にアピールしたい」と会員。
 実行委員会ではXマスの25日夜、会員ら20人が参加し着物Xマスを催し今年の活動を締めくくる。

コメントを残す