白い道など巡るマップ 稚内JCが自転車観光で2000部作成

 自転車観光(サイクルツーリズム)を推進すべく稚内青年会議所の地域活性発進委員会が制作してきた宗谷丘陵の白い道などをコースとしたサイクルマップ「風の谷の白い道」が完成した。
 国内や海外で人気が高まっているサイクルツーリズムを稚内でも広めようと、10月下旬にJC会員が実際に自転車に乗り宗谷岬を出発点に、宗谷丘陵の白い道などを通って宗谷護国寺をゴールとする11㌔の自転車コースのマップを2000部作成した。
 マップはコース上からの眺めがよいポイントや場所が分かりずらいという白い道へのルートを丁寧に説明。コースを自転車で巡る宗谷岬の魅力として、宗谷丘陵の歴史や風力発電、白い道ができた経緯など解説している。
 安田智美委員長は「このマップを見て先ず市民に白い道など稚内にある素晴らしい所があるのを知ってほしい。地元の人が知ることで観光客に稚内の魅力を伝えられるはずです」と話していた。
 マップは市の観光施設などに置いてある。

コメントを残す