スポーツ少年団の交流研修会で五輪金の鈴木氏講演 

 稚内市スポーツ少年団主催のスポーツ少年団・学校交流研修会は16日夕方、ANAクラウンプラザホテル稚内で開かれ、元柔道日本代表でアテネ五輪金メダリスト、現在は母校の国士舘大学柔道部監督を務める鈴木桂治さんが「アスリートへの入口」と題し講演。
 鈴木さんは、夢や目標を実現にするため「常に緊張感を持ち続けることで自分自身の見直しができ他人と比較することで自分の足りないところが見えてくる」などと話した。
 引き続き日本スポーツ少年団常任委員・静岡理工科大学教授の富田寿人氏が講義し、吉田一栄オアシス保育園施設長と中村正人南部柔道スポーツ少年団指導者が幼児の運動遊びとその取り組みについての事例発表した。

コメントを残す