声問川支流で氷上釣り ワカサギ狙い釣果も良く

 声問川の支流(古川)で、氷上ワカサギ釣りが始まった。
 11月中旬から氷点下となる寒い日が続き、例年より10日以上も早い今月3日から釣り人が訪れている。
 ここ数日は暖気と荒れた天候で釣りをする人はいなかったが、朝の気温が氷点下5度近くまで下がった15日午前中、テント数張が並び、数日ぶりの釣りに男性は「今年初めて釣りに来た4日は1日で200匹のワカサギが釣れた」と話していた。
 水深が浅い支流は流れも弱く氷点下になると結氷も早く、今年は氷の厚さは十分ある―と別の釣り人。

コメントを残す